世界一受けたい授業(4月1日)今日から変われるベスト20を発表

2017年4月1日放送の『世界一受けたい授業3時間SP』では、新生活を応援今日から変われるベスト20を順番に紹介します。

世界一受けたい授業 基本情報はコチラ

スポンサーリンク

世界一受けたい授業 今日から変われるベスト20

20位 睡眠

今日から変われる正しい睡眠法

起きた時に疲れが取れているのが正しい睡眠です。そのためには、寝返りをすること。寝相がいいのは大違い。体を動かさない睡眠は血液の流れが悪くなり疲労がたまってしまいます。

1度の睡眠で20回位寝返りをうつことが理想

良い睡眠のポイントは、寝具の順番

掛け布団の下に毛布をかけるのはなんとNGなんだとか。正しい順番は、掛け布団の上に毛布です。掛け布団が体に密着することで保温効果が高まり全身の血液の流れが良くなります

♦良い睡眠のためのポイント

睡眠中ひじを冷やさない

ひじを冷やすと寝ている間に肩こりになってしまい、朝起きた時に疲労感が残る

寝ている時に腕を布団の外に出してしまう人は要注意!どうしても出してしまう人は七分袖を切るなどの対策をしましょう。

19位 ダイエット

1日に2~3回間食するのがポイント!いっけんダイエットには大敵な気がしますが、アメリカでも注目されているヘルシー・スナッキング(健康的な間食習慣)といってナッツやフルーツを間食に取り入れることで食事のときのドカ食いが抑えられるという。

食事と食事の間隔が長すぎると遊離脂肪酸(空腹物質)が血液中に増えてしまい体が太りやすい状態になってしまう。

おすすめのヘルシー・スナッキングは、ナッツやドライフルーツ。血糖値が上がりにくく食物繊維が豊富、腹持ちの良いタンパク質が含まれている

18位 噛み合わせ

食事の時に片方の歯ばかりで噛んでいると、かみ合わせが悪くなり顔が歪んでしまうことがあります。放置すると、手足のしびれ、不眠症、肩こり、頭痛などを起こすおそれがあるので注意が必要です。

かみ合わせが良くなると、運動機能が向上する↑↑

かみ合わせを良くするために、毎朝身支度をしている間にできる簡単な方法とは?

身支度をしながらガムを噛む

右側で30回 左側で30回 前で30回とバランスよく噛むことが大切

スポンサーリンク

17位 朝食

朝食をとらないと、肥満の危険率はなんと5倍に!空腹時間が長くなると昼食時に血糖値が上昇し、白色脂肪細胞が脂肪をためておこうとするので太りやすい体になってしまう。

空腹のストレスでなんと脳出血になる危険性も!通常の3割増しになるそうです!空腹のストレスが脳出血の要因となる血圧を上昇させてしまうのでしっかり朝食をとることが大切ですね。

⇒簡単朝食レシピ 前日仕込んで5分で調理 簡単朝食 春野菜レシピはコチラから

世界一受けたい授業 乳酸キャベツのレシピ サバ缶アレンジも

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする