渡辺あきこ(料理研究家)プロフィール!息子は東大生?東大合格ごはん・きょうの料理で人気

NHKのEテレで月~木曜日の午後9時から放送されている、「きょうの料理」で人気の料理研究家・渡辺あきこさん。2009年に出版され、現在はKindle版も発売されている「渡辺あきこの東大合格ごはん」などの料理本も人気です。

今回はそんな渡辺あきこさんについて、そのプロフィールなど、探っていきたいと思います。

クリック⇒渡辺あきこさんご出演の趣味どきお弁当大百科

スポンサーリンク

渡辺あきこさん(料理研究家)プロフィール

渡辺あきこさんは、東京都出身の料理研究家です。生年月日は公表されていません。

大学卒業後、料理研究家・土井勝さんの料理学校の講師を務めたのち、フリーの料理研究家になりました。

和食を中心とした家庭料理をテレビや講演会、料理本などで紹介するかたわら、全国の郷土料理を研究することをライフワークとしていて、お仕事の合間に郷土料理を求めて各地を訪れているそうです。

「きょうの料理」以外にも、2017年に放送された「趣味どきっ!」(Eテレ)の「明日使える!お弁当大百科」シリーズや、「あさイチ」(NHK総合)にも出演してレシピを披露しています。

また、朝日新聞の生活欄で「料理メモ」も執筆しています。

ちなみに渡辺あきこさんはご自身では料理教室は開いていないようです。なので直接指導を受けるには、渡辺あきこさんが講師を務める講演会を見つけて参加するしかなさそうです。

スポンサーリンク

息子は東大生?

「渡辺あきこの東大合格ごはん」という料理本があることから、「渡辺あきこさんは子どもを東大に合格させたの?」と当然思いますよね。

実際に、渡辺あきこさんにはひとり息子がいて、都内の区立中学校から名門の都立高校に進学し、現役で東京大学に合格しています。

この本で渡辺あきこさんは、受験生の栄養を考え、勉強に集中できる体調管理をサポートした料理の数々を紹介しています。

さらにこの本には、受験生を意識した料理だけでなく、冷めてもおいしいお弁当の作り方や、忙しいときのメニュー、反抗期のごはんなどについても書かれていて、受験生の子どもがいなくても参考になる内容が盛りだくさんです。

ところで、生年月日が公表されていないので年齢も不明の渡辺あきこさんですが、この本の出版当時の2009年には息子さんは既に東大の3年生でした。そこから考えると、2018年現在息子さんは30歳前後と思われるので、自ずと渡辺あきこさんの年齢も想像できそうですね。

渡辺あきこさんの本

渡辺あきこさんの料理本は、「渡辺あきこの東大合格ごはん」以外にもたくさん出版されています。

1997年に、美味しくてヘルシーなスープのレシピを紹介した「ヘルシースープが飲みたい」を出版したのをはじめ、2001年の「昔ながらの三時のおやつ」、2007年の「毎日つくる園児のおべんとう」、ライフワークである郷土料理の研究成果をまとめた「旅して見つけて、我が家の定番になった地方ごはん」(2010年)などが発売されています。

「渡辺あきこの東大合格ごはん」がそのタイトルのインパクトで印象的ですが、ヘルシーなスープや園児のおべんとうなど、独身でも受験生の子どもがいなくても、幅広い世代の女性が参考にできそうな料理本をいくつも書かれています。

スポンサーリンク

まとめ

受験生の子どもを持つお母さんはもちろん、自分や家族の健康を考える女性にもピッタリのレシピを発信する渡辺あきこさん。その人気の「母の味」、是非参考にしていきたいですね!

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする