わろてんか 寺ギン役の俳優は兵動大樹!役どころ・モデルはいる?

NHK「わろてんか」で、寺ギンを演じているのは俳優の兵動大樹さんです。吉本に所属し俳優デビューは2015年。兵動大樹さんが演じる寺ギンはどんな役どころなのでしょうか。また、寺ギンのモデルはいるのでしょうか。

スポンサーリンク

寺ギンの俳優は兵動大樹!プロフィール

兵動大樹さんは、1970年7月生まれ大阪府出身の47歳です。1歳の時に父が他界、母が家を出て行ってしまい、父方の祖父母に育てられたという生い立ちのようです。

子供の頃からダウンタウンに憧れ、芸人になる事を夢見ていた兵動大樹さん。1990年、NSC大阪校に入学し、交際作家をし防止入学してきた矢野と出会いコンビを結成。

1993年NHK上方漫才コンテスト優秀賞受賞、ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞受賞など、お笑いでいくつもの賞を受賞しています。

出典:profile.yoshimoto.co.jp

2004年に結婚、2006年に子供が誕生。そのころから兵動大樹さん一人で月1回のトークライブをはじめています。2007年、フジテレビ「人志松本のすべらない話」に出演したことで、生活がガラッと変わったとコメントしています。2010年に結成20周年を迎えたと同時に、第2子が生まれています。

2015年にはテレビドラマ「無痛~診える眼」に初出演。今回、NHK連続テレビ小説「わろてんか」に寺ギン役として出演しています。

スポンサーリンク

寺ギンの役どころ

兵動大樹さん演じる寺ギンの役どころは、元僧侶で芸人を寄席に派遣する太夫元(たゆうもと)で、現在でいう芸能事務所の経営者です。

死人にお経を唱えるより、生きた人間を笑わせる方が面白いということで、興行の世界に飛び込みました。オチャラケはという一団を率い、お笑いの世界に一つの革命を起こす役どころです。風鳥亭にも芸人を派遣し、売上げの7割を持って行くという暴利を行う寺ギン。藤吉(松坂桃李)のライバルとなり、風鳥亭と対立してしまう場面もあるようです。

寺ギンの実在のモデルは誰?

出典:nhk.or.jp/warotenka

寺ギンの実在のモデルは、浪速落語反対派(岡田興行部)をつくった、岡田政太郎です。

岡田政太郎は、農家の次男として生まれ風呂屋の養子になっています。風呂屋を継いだ岡田政太郎は、「風呂政」と呼ばれ風呂屋として大成功。しかし、芸能界に興味があったことから、風呂屋は家族に任せ寄席の経営をはじめます。

新しく始めた寄席には二流・三流の芸人しか集まりませんでしたが、安くて面白ければお客さんは喜ぶはずという考えから「浪速落語反対派(岡田興行部)」を作ります。

お金を貸したりしていた岡田政太郎の周りにはしだいに上方落語集も集まるようになり大きくなっていきます。

岡田政太郎が世話をした人の中に藤吉のモデルになった吉本吉兵衛もいました。政太郎と吉兵衛は初めのうちは協力し事業を拡大していきます。

しかし、吉兵衛が政太郎側の芸人を取り込み、最後には吉本興業が吸収合併していきます。

朝ドラの「わろてんか」のストーリーや役柄とは多少違っているようです。

スポンサーリンク

まとめ

「わろてんか」寺ギン役の俳優は兵動大樹さんです。お笑いコンビとして矢野・兵動としてよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属しています。

役どころは、元僧侶で芸人を寄席に派遣する太夫元(たゆうもと)で、風鳥亭に芸人を派遣しているオチャラケ派です。

寺ギンのモデルは、浪速落語反対派(岡田興行部)」を作った岡田政太郎さんです。

今後、寺ギンがどのような行動をおこし、風鳥亭との関係がどのようになっていくのか楽しみです。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする