宮嶋麻衣 わろてんか富役で出演!べっぴんさん・あまちゃんなど朝ドラ出演歴がすごい!

「わろてんか」に富役で出演中の宮嶋麻衣さんは、NHK朝の連続テレビ小説の常連女優とも言われています。過去に、「べっぴんさん」「あまちゃん」などに出演し、出演歴がすごいと言われています。宮嶋麻衣さんのプロフィールや朝ドラ出演歴について調べてみました。

スポンサーリンク

宮嶋麻衣プロフィール

宮嶋麻衣さんは、1986年2月生まれ岐阜県出身の31歳です。中学生の頃アニメ好きだったことから声優を目指そうと考えそのためには役者になる必要があると考え、高校生になり演劇部へ入部。

高校卒業後、専門学校へ進学し演技を学びながら、N・A・C名古屋に所属。

インディーズ作品に出演し女優として活動していました。2006年「土曜ワイド劇場 温泉若おかみの殺人推理17」でテレビドラマデビューしています。

その後、映画・ドラマ・舞台で女優として活動しながら、バラエティー・情報番組・CMなどに出演し活躍されています。現在はN・A・C大阪に所属しているようです。

スポンサーリンク

わろてんか 曲芸師佐助の妻・富役で出演

宮嶋麻衣さんは今回「わろてんか」で、曲芸師佐助の妻・富役で出演されています。

曲芸師の佐助(湯浅崇)は、寺ギン率いるオチャラケ派に所属する芸人で、風鳥亭に派遣されています。曲芸中に足をくじいたことで曲芸ができなくなり、それを知った寺ギンが借金の取り立てに風太を派遣します。佐助夫婦が住む長屋へ行った風太は寺ギンのところの者だと伝えると、妻の富は地面に頭を擦りつけ今月の支払いは待ってほしいと伝えます。

子供4人を抱える佐助の妻を演じている宮嶋麻衣さん。子どもたちを抱え、この後どのようになっていくのでしょうか。

朝ドラ出演歴は?

宮嶋麻衣さんがNHKの朝ドラ出演した回数は、今回で7回目となりました。

2007年「ちりとてちん」では、オーディションを受け落ちたものの審査員の目にとまり、魚屋食道に一人娘・喜代美の親友役・野口順子役で出演することになりました。

2011年「カーネーション」では、ヒロイン糸子に洋服の製作の依頼をする芸子・駒子役。2012年「純と愛」では、純にストーカー被害を相談する宮崎ゆり役。

2013年「ごちそうさん」では、め以子の女学校の級友・野川民子、通称たみちゃん役。

2015年「マッサン」では、亀山悟の妻・亀山和歌子役。2016年「あさが来た」では、成澤泉の妻・成澤カナエ役で出演されていました。

今回2017年「わろてんか」では曲芸師佐助の妻で、4人の子供を持つお母さんを演じています。

いくつもの作品に違った役で出演している宮嶋麻衣さん。朝ドラを見ていて出演していることに気付くと嬉しくなってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

宮嶋麻衣さんは、わろてんか佐助の妻・富役で出演されています。NHK朝の連続テレビ小説では、べっぴんさん・あまちゃんなど数多くの作品に出演し、西のNHK御用達女優と言われています。

今後ドラマ「わろてんか」はどのように展開していくのか、また、宮嶋麻衣さんがどのような演技を見せてくれるのか楽しみです。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする