まる得マガジン 魚焼きグリルで万能調理!(3)素材の甘さを堪能!焼き野菜 NHKEテレ

2019年10月-11月放送のまる得マガジンは、「魚焼きグリルで万能調理」です。お家のコンロの魚焼きグリルでプロの味!3回目は素材の甘さを堪能!焼き野菜と題して、料理研究家・武蔵裕子さんにごちそう焼き野菜プレートを教わります。

スポンサーリンク

魚焼きグリルで万能調理! (NHKまる得マガジン)

新品価格
¥628から
(2019/10/5 17:22時点)

まる得マガジン 魚焼きグリルで万能調理!(3)素材の甘さを堪能!焼き野菜 基本情報

放送日

本放送

2019年10月9日(水) 夜9:55~10:00 NHKEテレ

2019年11月20日(水) 夜9:55~10:00 NHKEテレ

再放送

2019年10月16日(水) 午前11:55~12:00 NHKEテレ

2019年11月27日(水) 午前11:55~12:00 NHKEテレ

出演者

講師 料理研究家…武蔵裕子

武田航平

番組内容

家庭のコンロにある魚焼きグリルは魚だけじゃもったいない!家庭の調理器具のなかではもっとも高温調理ができることを生かし、ピザ、肉、野菜とありとあらゆる料理がプロの味に仕上がります。ホイルの使い方などちょっとしたコツをつかめば、誰でも簡単に便利に一味違った料理ができますよ。

引用元:tv.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

ごちそう焼き野菜プレートのレシピ

ごちそう焼き野菜プレートの材料(2人分)

  • グリーンアスパラガス 4本(120g)
  • かぼちゃ 正味100~120g
  • れんこん 6cm(80g)
  • 長いも 6cm(70~80g)
  • ミニトマト 4コ(40g)
  • 酢 少々
  • オリーブ油 適量

ごちそう焼き野菜プレートの作り方

  1. グリーンアスパラガスは根元から2~3cmのところを折って除く。かぼちゃはワタと種を除いて7~8mm厚さのくし形に切る。れんこんは約8mm厚さに切り、酢を入れた水に2~3分間ひたし、水けをきる。長いもは5cm角の棒状に切る。すべてバットに入れ、オリーブ油を回しかける。
  2. ミニトマトはヘタを除き、つまようじで5~6か所刺す。アルミ箔を約25×15cmに切って長いほうを半分に折り、縁を軽く折って舟形をつくりミニトマトを入れる。オリーブ油を回しかける。

強火で約2分間予熱

  1. 1の野菜、2のミニトマトをアルミ箔ごと、グリルの網に並べのせる。
  2. 3を強火で3分間焼く。ミニトマト以外はトングで上下を返し、強火でさらに2分間焼く。

ごちそう野菜ソース2種のレシピ

クリームチーズソースの材料(つくりやすい分量)

  • クリームチーズ 50g
  • マヨネーズ 大さじ2
  • オリーブ油 大さじ1/2
  • レモン汁 小さじ1/2
  • 塩 少々
  • 黒こしょう(粗びき) 適量

クリームチーズソースの作り方

  1. クリームチーズは耐熱の器に入れ、ラップをせずに電子レンジ(600W)に20秒間かけて柔らかくする。黒こしょう以外の材料を加えて、滑らかになるまで混ぜ合わせる。仕上げに黒こしょうをふる。

ごまだれソースの材料(つくりやすい分量)

  • みりん 大さじ1
  • すりごま(白) 大さじ2と1/2
  • ごま油 大さじ1
  • 酢 小さじ1
  • みそ 小さじ1

ごまだれソースの作り方

  1. みりんは耐熱の器に入れ、ラップをせずに電子レンジ(600W)に20秒間かける。残りの材料を加えて、滑らかになるまで混ぜ合わせる。

まる得マガジン 魚焼きグリルで万能調理のテキスト

詳しくはテキストに掲載されています。

魚焼きグリルで万能調理! (NHKまる得マガジン)

新品価格
¥628から
(2019/10/5 17:22時点)

武蔵裕子さんの本

作りおきも下準備もいらない 帰って10分絶品おかず

新品価格
¥1,320から
(2019/10/5 17:26時点)

めんどくさいことなし! なのにちゃんとおいしいほぼ10分レシピ (別冊エッセ)

新品価格
¥770から
(2019/10/5 17:27時点)

「水だし」さえあれば和食はかんたん!

NHK Eテレ おすすめシリーズ

クリック⇒美筋ボディーメソッドシリーズ

クリック⇒わたしの夜時間シリーズ

クリック⇒カレーの世界シリーズ

クリック⇒柔軟講座シリーズ

クリック⇒カラダ喜ぶベジらいふシリーズ

クリック⇒毎日さかな生活シリーズ

クリック⇒アジアごはんシリーズ

クリック⇒幸せのプリンシリーズ

クリック⇒自律神経セルフケア術シリーズ

クリック⇒グレーテルのかまど

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする