なつぞら登場の朝ドラ歴代ヒロイン出演作品 主題歌 一覧 まとめ

出典:https://www.nhk.or.jp

現在放送中の「なつぞら」は、朝ドラ100作目の記念作品ということで、歴代の朝ドラヒロインが豪華に出演しています。
 今回は、なつぞらに登場する歴代ヒロインについて、それぞれが過去に出演した朝ドラを振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク

なつぞら三村茜役・渡辺麻友については以下をクリック!

なつぞら森田桃代(ももっち)役・伊原六花については以下をクリック!

なつぞら三橋佐知子役・水谷果穂については以下をクリック!

なつぞら山田陽平役・犬飼貴丈については以下をクリック!

なつぞら山田天陽役・吉沢亮については以下をクリック!

なつぞらの子役まとめ:柴田家幼少期は以下をクリック!

なつぞらの子役まとめ奥原家幼少期は以下をクリック!

なつぞらのあらすじや人物相関図については以下をクリック!

朝ドラや大河ドラマなどNHK作品視聴ならU-NEXT!

安心の初回1ヶ月無料!⇊



まずはこのアイコン↑をクリック!

本ページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

なつぞらガイドブックでより面白く!

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

新品価格
¥1,404から
(2019/4/1 04:34時点)

小説版で物語の先取り!

NHK連続テレビ小説 なつぞら 上

新品価格
¥1,512から
(2019/4/1 04:39時点)

主演の広瀬すずさんのなつぞら写真集もどうぞ!

【Amazon.co.jp 限定】【Amazon.co.jp 限定特典/A5サイズクリアファイル付き】「広瀬すず in なつぞら」PHOTO BOOK

新品価格
¥2,160から
(2019/4/1 04:35時点)

なつぞら 朝ドラ100作目記念番組 内容は?

出典:https://www.nhk.or.jp

 なつぞらは、戦災孤児となった9歳の奥原なつが、北海道の十勝の酪農家・柴田家に引き取られ、酪農を手伝いながら漫画映画と出会い、高校卒業後に上京してアニメーターを目指す物語です。

出典:https://tv-dmenu.jp

 なつぞらは記念すべき100作目の朝ドラということで、歴代のレジェンドヒロインと呼ばれる女優さんがたくさん出演していますので、登場順に一人ずつご紹介していきます。

スポンサーリンク

朝ドラ歴代レジェンドヒロインと準ヒロイン紹介 ヒロイン出演作品と主題歌、なつぞらでの役どころ

①松嶋菜々子

出典:https://www.7th-avenue.co.jp

 松嶋菜々子さんは、1996年に放送された54作目の朝ドラ、「ひまわり」のヒロインです。

 「ひまわり」は、バブル崩壊の余波でリストラされた、松嶋菜々子さん演じる主人公・南田のぞみが、弟が起こした窃盗事件を機に弁護士を目指す物語です。

出典:https://www.nhk.or.jp/asadora

 ナレーションを務めたのは萩本欽一さんで、のぞみの母を演じたのは夏木マリさん、初めは対立するものの、のぞみが徐々に惹かれていく星野雄治を上川隆也さんが演じました。

 「ひまわり」の主題歌は、山下達郎さんの「DREAMING GIRL」です。

ドリーミング・ガール

中古価格
¥529から
(2019/6/10 04:58時点)

松嶋菜々子さんの「なつぞら」での役どころ 柴田富士子役

 なつぞらで松嶋菜々子さんが演じるのは柴田富士子役で、母親としてなつを我が子のように育
てる、という役どころです。

②北林早苗

出典:http://face-planning.co.jp

 北林早苗さんは、1961年に放送された第1作目の朝ドラ、「娘と私」のヒロインです。

 「娘と私」は、昭和の初期から終戦後にかけて、フランス人である先妻との間に授かった娘・麻里が結婚するまでを見守る「私」の自叙伝です。北林早苗さんは、麻里の少女時代を演じました。

出典:https://www.nhk.or.jp

出典:https://www.nhk.or.jp

 「娘と私」には主題歌というものはなく、オープニングテーマとしてはインストゥルメンタル(歌詞のない曲)が流れていました。

北林早苗さんの「なつぞら」での役どころ

 なつぞらで北林早苗さんは、空襲を受けた後の東京で、路頭に迷うなつと妹の千遥に出会う老女という役を演じました。

③岩崎ひろみ

出典:https://www.stardust.co.jp

 岩崎ひろみさんは、1996年に放送された55作目の朝ドラ、「ふたりっ子」のヒロインです。

 「ふたりっ子」は、昭和41年に大阪で生まれた双子の姉妹が、悩みながらも自分の幸せを見つけていく物語です。
 岩崎ひろみさんは、落ちこぼれでありながら将棋の才能だけはあり、プロ棋士を目指す双子の妹・野田香子を演じました。

出典:https://www.nhk.or.jp

 優等生の双子の姉を演じたのは菊池麻衣子さんで、双子の少女時代を演じたのは三倉茉奈・佳奈さんです。

 「ふたりっ子」の主題歌は、NOKKOさんの「Natural」です。

Natural

新品価格
¥2,503から
(2019/6/10 05:24時点)

岩崎ひろみさんの「なつぞら」での役どころ 花村和子役

出典:https://www.nhk.or.jp

 なつぞらで岩崎ひろみさんは、なつの小学校の先生・花村和子役で登場しました。

④小林綾子

出典:http://toei-management.com

 小林綾子さんは、1983年から1984年に放送された31作目の朝ドラ、「おしん」のヒロインです。

 「おしん」はNHKのテレビ放送開始30周年記念作品で、平均視聴率は52.6%、最高視聴率は62.9%と、日本のドラマ史上で最高の視聴率を記録しています。

 「おしん」は、明治34年に山形県の貧しい家に生まれた谷村しん(おしん)が、7歳で奉公に出され、明治から大正、昭和に至る80年あまりを、激動の時代の中で必死に生きていく物語で、小林綾子さんはおしんの幼少時代を演じました。

出典:https://www.nhk.or.jp

 成長したおしんを演じたのは田中裕子さんで、中年から老年期を演じたのは乙羽信子さん、おしんの母を演じたのは泉ピン子さんです。

 「おしん」には主題歌はありません。

小林綾子さんの「なつぞら」での役どころ 山田天陽の母・タミ

 なつぞらで小林綾子さんは、吉沢亮さん演じる山田天陽の母・タミを演じています。

⑤仙道敦子

出典:https://www.oricon.co.jp

 仙道敦子さんは、「おしん」で小林綾子さんが演じた谷村しんの長姉・はるの幼少期を演じました。


 はるは家計を助けるために奉公に出ていて、その後は製糸工場で働きますが、労働環境が過酷だったため19歳で肺結核により亡くなり、おしんに髪結の夢を託すという役どころです。

仙道敦子さんの「なつぞら」での役どころ 小畑雪次郎(山田裕貴さん)の母・妙子役

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 なつぞらで仙道敦子さんは、なつの幼馴染である小畑雪次郎(山田裕貴さん)の母・妙子役を演じていて、おっとりしているようで姑にも自分の主張ができる強い面もある、という役どころです。

スポンサーリンク

⑥比嘉愛未

出典:http://www.higamanami.com

 比嘉愛未さんは、2007年に放送された76作目の朝ドラ、「どんど晴れ」のヒロインです。
 比嘉愛未さんは「どんど晴れ」で、初めてテレビドラマに出演しました。

 「どんど晴れ」は、比嘉愛未さん演じる都会育ちの浅倉夏美が、婚約者が実家の盛岡の老舗旅館を継ぐことに伴って、女将を目指すために厳しい修行に奮闘し成長していく物語です。

出典:https://www6.nhk.or.jp

 浅倉夏美の婚約者を演じたのは内野朝陽さん、旅館の大女将を草笛光子さん、女将を宮本信子さんが演じました。

 「どんど晴れ」の主題歌は、小田和正さんの「ダイジョウブ」です。

ダイジョウブ

新品価格
¥250から
(2019/6/10 05:50時点)

比嘉愛未さんの「なつぞら」での役どころ 川村屋マダム・前島光子役

出典:https://www.nhk.or.jp

 なつぞらで比嘉愛未さんは、”マダム”と呼ばれる、新宿のベーカリー兼カフェ・川村屋のオーナー、前島光子を演じています。芸術に理解があり、才能ある若者の応援もしているという役どころで、上京したなつを一時的に川村屋に住まわせました。

⑦山口智子

出典:https://www.ken-on.co.jp

 山口智子さんは、1988年から1989年に放送された41作目の朝ドラ、「純ちゃんの応援歌」のヒロインです。
 山口智子さんは「純ちゃんの応援歌」がドラマ初出演作です。

 「純ちゃんの応援歌」は、戦後すぐの和歌山県で生まれた、野球を愛する少女・小野純子(山口智子さん)が、一家の大黒柱として弟たちを支え、結婚後は甲子園の近くで旅館を営み、高校球児の母と呼ばれ奮闘する物語です。

出典:https://www.nhk.or.jp

 一家は、父が満州から連れてきた孤児を義弟として受け入れますが、この孤児の雄太を演じたのが、後に山口智子さんと結婚する唐沢寿明さんです。

 「純ちゃんの応援歌」には主題歌はありません。

山口智子さんの「なつぞら」での役どころ 岸川亜矢美(あやみ)役

 なつぞらで山口智子さんは、かつてはムーランルージュという劇場の人気ダンサーで、現在は「風車」というおでん屋を営む、明るく豪傑な岸川亜矢美役を演じています。

⑧貫地谷しほり

出典:https://abp-inc.co.jp

 貫地谷しほりさんは、2007年から2008年に放送された77作目の朝ドラ、「ちりとてちん」のヒロインです。

 「ちりとてちん」は、貫地谷しほりさん演じるネガティブな主人公・和田喜代美が、故郷の福井から大阪に飛び出し上方落語と出会い、楽天的な母の影響も受けながら、人生を輝かせていく物語です。

出典:https://www.nhk.or.jp

 和田喜代美が弟子入りする落語家を演じたのは渡瀬恒彦さん、後に夫婦となる兄弟子を青木崇高さん、喜代美の母を和久井映見さんが演じました。

 「ちりとてちん」には歌詞のある主題歌はありませんが、松下奈緒さんがピアノを演奏した「『ちりとてちん』メインテーマ」がテーマ曲となっています。

「ちりとてちん」メインテーマ・ロングバージョン

新品価格
¥250から
(2019/6/10 06:02時点)

貫地谷しほりさんの「なつぞら」での役どころ 大沢麻子(まこ)役

 なつぞらで貫地谷しほりさんは、美大を卒業して東洋動画に入った凄腕のアニメーター、大沢麻子を演じます。クールに見えて熱い内面を持ち、物怖じしない性格で孤立することもある、なつの厳しい先輩という役どころです。

スポンサードリンク

まとめ

https://www.instagram.com/natsuzora_nhk

 豪華な歴代ヒロインが登場しているなつぞらは、東京編に入ってますます盛り上がりを見せています。レジェンドと呼ばれるヒロインたちが、これからストーリーにどんな彩りを添えるのか、引き続きなつぞらから目が離せません!

なつぞら三村茜役・渡辺麻友については以下をクリック!

なつぞら森田桃代(ももっち)役・伊原六花については以下をクリック!

なつぞら三橋佐知子役・水谷果穂については以下をクリック!

なつぞら山田陽平役・犬飼貴丈については以下をクリック!

なつぞら山田天陽役・吉沢亮については以下をクリック!

なつぞらの子役まとめ:柴田家幼少期は以下をクリック!

なつぞらの子役まとめ奥原家幼少期は以下をクリック!

なつぞらのあらすじや人物相関図については以下をクリック!

朝ドラや大河ドラマなどNHK作品視聴ならU-NEXT!

安心の初回1ヶ月無料!⇊



まずはこのアイコン↑をクリック!

本ページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

なつぞらガイドブックでより面白く!

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

新品価格
¥1,404から
(2019/4/1 04:34時点)

小説版で物語の先取り!

NHK連続テレビ小説 なつぞら 上

新品価格
¥1,512から
(2019/4/1 04:39時点)

主演の広瀬すずさんのなつぞら写真集もどうぞ!

【Amazon.co.jp 限定】【Amazon.co.jp 限定特典/A5サイズクリアファイル付き】「広瀬すず in なつぞら」PHOTO BOOK

新品価格
¥2,160から
(2019/4/1 04:35時点)

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする