きょうの料理 野口真紀 たらとじゃがいもの重ね蒸しのレシピ【1月14日NHKEテレ】

出典:http://www4.nhk.or.jp

きょうの料理、2019年1月14日は野口真紀さんです。今回は、フライパンひとつで冬の魚介の1日目。「ぶりの香味ギョーザ」「さけの甘酢炒め」「たらとじゃがいもの重ね蒸し」を野口真紀さんに教わります。

NHKテキストきょうの料理 2019年 01 月号 [雑誌]

新品価格
¥545から
(2019/1/7 15:41時点)

きょうの料理フライパンひとつで冬の魚介「たらとじゃがいもの重ね蒸し」【1月14日】基本情報

放送日

放送日:2019年1月14日(月)

放送時間:夜9:00~9:25 NHKEテレ

再放送:2019年1月15日(火) 午前11:00~11:25 NHKEテレ

出演者

講師 料理家…野口真紀

司会 柘植恵水

出典:http://www6.nhk.or.jp

番組内容

「ぶりの香味ギョーザ」は大きめに刻んだぶりがボリューム満点で食べ応え十分!香味野菜のおかげでぶりのクセが気にならない。タネにはオイスターソースを忘れずに。「さけの甘酢炒め」は「酢豚」のさけバージョン。さけを揚げる時間も短くお手軽。ただし、少なめの油でサッと揚げ焼きで。「たらとじゃがいもの重ね蒸し」はたらのさわやかな味わいとじゃがいもの甘みと、ハーブの香りが合わさったごちそう感が楽しめる一品。

引用元:tv.yahoo.co.jp

[ad#ad-2]

ぶりの香味ギョーザのレシピ

ぶりの香味ギョーザの材料(3~4人分)

  • ぶり(切り身) 3切れ(270~300g)
  • ギョーザの皮 (大)20~24枚
  • にら 1ワ(100g)
  • ねぎ 1/2本
  • しょうが(みじん切り) 1かけ分
  • にんにく(みじん切り) 1かけ分
  • オイスターソース 大さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1/2
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • ラーユ 適宜
  • 黒酢 適宜
  • 酢 適宜
  • しょうゆ 適宜
  • 黒こしょう(粗びき) 適宜
  • サラダ油
  • ごま油

ぶりの香味ギョーザの作り方

  1. にら、ねぎは、それぞれ粗みじんに切る。ぶりは紙タオルで水けを拭く。皮を除いてざっと刻み、包丁で粗くたたく。※ぶりは細切りにしてから小さい角切りにし、全体がなじむ程度に包丁でたたく。ひき肉より粗くてOK。
  2. 1としょうが、にんにくをボウルに入れてAを加え、手でよく混ぜ合わせる。
  3. ※ぶりのタネには、魚介が原料のオイスターソースがよく合う。
  4. ギョーザの皮の縁に指で水をつけ、2を大さじ1ほどのせて、ひだを寄せながら包む。残りも同様に包む。
  5. フライパンにサラダ油を中火で熱し、3を円形に並べる。薄く焼き色がついたら水を縁から回し入れ、ふたをして10分間ほど蒸し焼きにする。※最初にこんがり焼いてしまうと、蒸し焼きにしたときに焦げた色と味が全体に回ってしまうので、ごく薄い焼き色をつければよい。
  6. 水分がとんだらふたを取り、ごま油を回しかけて強火にし、下側がカリッとするまで焼く。器に盛って好みでBを添え、混ぜ合わせてたれをつくる。

さけの甘酢炒めのレシピ

さけの甘酢炒めの材料(2~3人分)

  • 生ざけ(切り身) 3切れ(270g)
  • 干ししいたけ 4枚
  • たまねぎ (大)1/2コ(150g)
  • ピーマン 4コ
  • かたくり粉 小さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 酢 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • 干ししいたけの戻し汁 大さじ6
  • 小麦粉
  • サラダ油

さけの甘酢炒めの作り方

  1. 干ししいたけはサッと洗ってジッパー付き保存袋に入れ、水を加え、冷蔵庫に一晩(または室温で3時間以上)おいて戻す。汁けをきって石づきを除き、半分に切る。戻し汁はとっておく。
  2. たまねぎは8等分のくし形に切る。ピーマンはヘタと種を除き、一口大に切る。さけは大きめの一口大に切り、紙タオルで水けを拭いて小麦粉を薄くまぶす。
  3. ボウルにAを順に入れて混ぜ合わせる。
  4. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、2のさけを揚げ焼きにする。両面がカリッとしたら油をきって取り出す。
  5. ※油の量は、さけの厚みより少なくても大丈夫。火を通しすぎてパサパサにならないように注意して。
  6. 4の油を少々残して取り出し、フライパンを再び中火にかけてたまねぎを炒める。透き通ってきたら、しいたけ、ピーマンを加えて炒め、さけを戻し入れる。Aをもう一度混ぜて回しかけ、サッと混ぜて全体にからめる。
  7. ※合わせ調味料にかたくり粉が入っているので、加熱するととろみがついて、さけや野菜によくからむ。

[ad#ad-3]

たらとじゃがいもの重ね蒸しのレシピ

たらとじゃがいもの重ね蒸しの材料(2~3人分)

  • たら(甘塩/切り身) 3切れ(270g)
  • じゃがいも 2コ(200g)
  • ミニトマト 10~12コ
  • にんにく(みじん切り) 1かけ分
  • タイム(生) 3~4本
  • 白ワイン(または酒) 大さじ4
  • フランスパン 適宜
  • オリーブ油
  • 黒こしょう(粗びき)

たらとじゃがいもの重ね蒸しの作り方

  1. じゃがいもは5~6mm厚さの輪切りにする。ミニトマトはヘタを除き、2等分に切る。たらは紙タオルで水けを拭き、半分に切って骨を除く。
  2. フライパンにオリーブ油を中火で熱し、たらの皮を下にして焼く。焼き目がついたら裏返し、反対側も焼く。
  3. たらの上にじゃがいも、ミニトマトを広げてのせ、にんにくを散らしてタイムをのせる。白ワインを回しかけ、水を加え、煮立ったらふたをして6~7分間、じゃがいもが柔らかくなるまで蒸し煮にする。※ふたをすると食材の風味がこもりやすいので、魚のくせを抑えるためにハーブを加えて蒸し煮にする。
  4. ふたを取り、汁の味をみて足りなければ塩をふる。オリーブ油を回しかけて黒こしょうをふり、好みでフランスパンを添える。

きょうの料理のテキスト

NHKテキストきょうの料理 2019年 01 月号 [雑誌]

新品価格
¥545から
(2019/1/7 15:41時点)

野口真紀さんの本

オーブン料理 とっておき

新品価格
¥1,458から
(2019/1/14 20:37時点)

きょうの一汁二菜

新品価格
¥1,296から
(2019/1/14 20:38時点)

赤ちゃんとお母さんのためのおいしい離乳食 (池田書店の妊娠・出産・育児シリーズ)

新品価格
¥1,404から
(2019/1/14 20:38時点)

NHK Eテレ おすすめシリーズ

クリック⇒美筋ボディーメソッドシリーズ

クリック⇒わたしの夜時間シリーズ

クリック⇒カレーの世界シリーズ

クリック⇒柔軟講座シリーズ

クリック⇒カラダ喜ぶベジらいふシリーズ

クリック⇒毎日さかな生活シリーズ

クリック⇒アジアごはんシリーズ

クリック⇒幸せのプリンシリーズ

クリック⇒自律神経セルフケア術シリーズ

クリック⇒グレーテルのかまど

クリック⇒まる得マガジンシリーズ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする