朝ドラわろてんかのヒロイン葵わかなが可愛い!プロフィールは?

2017年度下半期、10月から放送開始予定のNHK連続テレビ小説「わろてんか」。このドラマのヒロイン「藤岡てん」を演じるのが、女優の葵わかなさんです。主人公を演じることが発表されてから、可愛い!と話題になっている葵わかなさん。葵わかなさんのプロフィールや、朝ドラ「わろてんか」での役柄など、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

わろてんかのヒロイン、葵わかなさんのプロフィールは?

葵わかなさんは、1998年、神奈川県生まれの女優さんです。2009年にスカウトされて芸能界に入り、2009年のファミリーマートのCMでデビューしました。同じく2009年のドラマ「サムライ・ハイスクール」(日本テレビ系列)で杏さんの幼少期という役を演じ、女優としてのデビューを飾りました。

その可愛いビジュアルで、2012年にはアイドルユニット「乙女新党」のメンバーに選抜され、2013年にはCDデビューもしています。「乙女新党」のメンバーとしてアイドル活動しながらも、2013年に公開された映画「陽だまりの彼女」で、ヒロイン上野樹里さんの中学時代を演じ注目を集めました。

さらに、東京海上日動火災保険、ヤマザキナビスコなどのCMにも出演し、そのたびに「この可愛い子は誰?」と話題になってきました。

女優としてのお仕事に専念したいと、2014年にアイドルユニット「乙女新党」を卒業してからも、「表参道高校合唱部!」(TBS系列、2015年)など数々の映画やドラマ、CMで活躍しています。

忙しい女優業の合間に、受験に備えて勉強し、2017年には慶応義塾大学総合政策学部にAO入試で合格しています。入学後も、女優さんのお仕事との両立を目指しているそうです。

そんな葵わかなさんが、NHK連続テレビ小説「わろてんか」のヒロインオーディションで、3度目の挑戦で2,378人の応募者の中からヒロイン「藤岡てん」役を射止めたのです。

「わろてんか」ってどんなドラマ?葵わかなさんの役柄は?

「わろてんか」は第97作品目となる朝の連続テレビ小説、いわゆる朝ドラで、吉本興業の創業者・吉本せいをモデルとした、大阪が舞台の「笑い」をテーマとした物語です。

葵わかなさん演じるヒロイン「藤岡てん」は、京都の老舗薬種問屋の長女で笑顔が可愛く、周囲を朗らかにしつつ自分もよく笑う「笑い上戸」の女の子です。その名の由来は天真爛漫の「天」で、名の通り、明るく強く天真爛漫に人生を歩んでいきます。

葵わかなさん演じるヒロインのてんが、笑いを愛する夫と手を取り合い、大阪を笑いの都にしていく姿を描くのが、朝ドラ「わろてんか」なのです。

朝ドラ「わろてんか」のヒロイン、葵わかなさんが気になる まとめ

葵わかなさんは5月23日のオフィシャルブログで、「わろてんか」がクランクインしたことを報告しています。

葵わかなさん以外のキャストでは、夫の北村藤吉役の松坂桃李さん、父親役の遠藤憲一さんをはじめ、竹下景子さんや高橋一生さんなど、実力派の俳優さんが名を連ねています。

NHKの会見では「うれしくもあり不安もある」と語った葵わかなさんですが、素敵なキャストに囲まれて、明るく強いヒロインをどう演じていくのか、10月からの朝が今からとても楽しみですね。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする