チコちゃんに叱られる!11/10(土)放送分「なぜ応援は337拍子なのか?」NHKEテレ 337拍子は誰が考えた? 再放送や見逃し配信は?

出典:https://twitter.com/NHK_PR

2018年11月10日放送のチコちゃんに叱られるはアンコール放送。2018年6月18日放送分「あっかんべーはどういう意味?」「花はなぜあんなにカラフル?」などです。ふとかんじる疑問が続々、守る岡村隆史さんと攻めるチコちゃんのやりとりと、意外な答えに注目です。

この記事では最初の疑問「なぜ応援は337拍子なのか?」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

前回放送分はこちらから。

チコちゃんに叱られる!【11月10日】基本情報

放送日:2018年11月10日(土)

放送時間:朝8:15~9:00

再放送:なし

今回は2018年6月18日放送分の再放送でした。

見逃した方はU-NEXTでも視聴できます。

朝ドラや大河ドラマなどNHK作品視聴ならU-NEXT!

安心の初回1ヶ月無料!⇊



まずはこのアイコン↑をクリック!

本ページの情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

出演者

出典:https://www.nikkansports.com

MC

岡村隆史

出典:http://www.tvlife.jp

ゲスト

北斗晶

出典:http://kensuke-office.co.jp

レスラー時代のニックネームはデンジャラスクイーン

安田美沙子

出典:http://www.pyramid.tokyo

ニックネームははんなりはん

講師

岩井正浩さん 神戸大学名誉教授、日本民族音楽学会会長

出典:http://www2.kobe-u.ac.jp

50年かけて337拍子の真相に迫っています。

有賀誠門さん 元NHK交響楽団主席奏者、東京芸術大学名誉教授

出典:http://salida1.web.fc2.com

リポーター

塚原愛 NHKアナウンサー

出典:http://www6.nhk.or.jp

木村祐一

出典:https://profile.yoshimoto.co.jp

語り

森田美由紀 NHKアナウンサー

出典:http://www6.nhk.or.jp

番組内容

ゲストの北斗晶さんがなぜか岡村さんをこちょこちょ。「くすぐったいて何?」と聞かれ、思わず悶絶、人体の仕組みが明らかになります。「どうして応援は337拍子なのか?」では、思わぬ回答にスタジオが爆笑に包まれます。楽しみながら身近な疑問が気持ち解決、チコちゃんお得意の意地悪な新コーナーもスタートします。そんなんじゃチコちゃんに叱られるぞ、学校や職場でぜひ周りの方に疑問をぶつけてみてください。

引用元:tv.yahoo.co.jp

なぜ応援のときは337拍子なのか?

その背景にはある天才日本人の存在が!

スポンサーリンク

なんで応援は337拍子なの?

「この中で埼玉出身なのにカープ女子な人ってだあれ?]

今回の出演者の中だと、埼玉出身は北斗晶さん。

ちなみに、埼玉県吉川市の出身だそうです。

カープの応援はすごい、という話から今回の疑問。

「なんで応援のときは337拍子なの?」

北斗晶さんの答えは「ノリやすいから」

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

出典:https://twitter.com

はい、いただきました。

さらに疑問。

「じゃあ、なんで337拍子だとノリやすいの?」

これも北斗晶さんの解釈だと「心臓の鼓動が337拍子だから」

そんなワケ…。

それじゃ不整脈ですよ。

今こそ
全ての日本国民に問います。
「なぜ応援は337拍子?」

スポンサーリンク

なぜ応援は337拍子?

337拍子といえば、野球の応援。

野球応援に来ていた人に聞いてみても、要領を得ません。

やれ「一球入魂」だとか「野球は2アウトからが勝負」
どと言っている日本人のなんと多い事か。
しかし、チコちゃんは知っています。

出典:https://news.mynavi.jp

応援が 337拍子なのは…
明治大学の天才がひらめいたから~。

337拍子は明治大学の天才のひらめき

337拍子の応援はいつから?

岩井先生によると、

「そんなに昔ではないですね。新しいですね。明治大学が始めたということは聞いております。」とのこと。

そこで明治大学に行って確かめてみました。

大正10年に誕生した明治大学の応援団。

337拍子を始めたとされるのが、初代団長の相馬基(そうま もとい)さん

出典:http://meiji-ouendan-ob.net

早稲田大学との大学対抗試合の際、337拍子での応援を思いついたといいます。

そこで、今の応援団に当時の337拍子を再現してもらいました。

なんと、337拍子には歌詞がついていたようです・

ゆっくりめの3・3・7で、

 1    2   3

勝った・ほうが・いい

 1    2   3  

勝った・ほうが・いい

  1      2   3  4     5    6   7

勝った・ほうが・いい・たら・勝った・ほう・がいい

という何だかラップのような感じだったようです。

そして、始めはこの掛け声だけだったとのことですが、その後に手拍子が加わり、今は掛け声がなくなって手拍子だけになった、という歴史があるのです。

そして、この337拍子を戦後大人気だった六大学野球で披露すると、一気に世に広まり、応援の定番となったそうです。

現代のポップスにも影響を与える

さらに この337拍子、現代の多くの応援曲で
聞く事ができるんです。
  • 「紅」 X JAPAN                                 聞くと確かに「くーれないにそーまったーこーのおれを」のサビのところは337拍子にメロディーが合っています。というかむしろピッタリ。
  • 「サウスポー」ピンクレディ                           「せーばんごう1のすごいやーつがあいてー」の部分で337拍子に完璧に合っていました。

なぜ337拍子?

1・2・3・間、1・2・3・間、1・2・3・4・1・2・3・間

休符も数えると、このリズムは4・4・8拍子になりますが、岩井先生によると、それが日本人的なリズムなのだそうです。

田植えや稲刈りなど周りと協力して作業をする事が多かった日本。
皆でタイミングを合わせる時に「間」が必要だったといいます。

次のエネルギーに行くためにはそうしても1拍の間が必要で、その間をいれることで次のエネルギーが出る、ということなのです。

つまり、

一体感+間→エネルギーを生む

ということだったのです。

ヒット曲への応用

この”エネルギーを生む間”はヒット曲にも多く使われています。

例えば、モーニング娘。の「恋愛レボリューション21」。

「♪超超超、いい感じ、超超超超超超超いい感じ」

見事な337拍子です。

さらに、TRFの「EZ DO DANCE」。

「♪イージードゥダンス、HO!、イージードゥダンス、HO!、おどーる君をみーてる、HO!」

HO!のところが間になって、1・2・3・HO!になっています。

ポップスだけでなく、クラシックにも337拍子が見られます。

ベートーベンの運命の、あの冒頭の有名なフレーズです。

有賀先生は337拍子に合わせて「運命」を学生に演奏させていましたが、確かに最後の方ではグルーブ感が出ていたような気がします。有賀先生曰く「337拍子は国宝だ」だそうです。

明治大学応援団の初代団長の相馬さんは、じつは相撲部とも兼任していました。

337拍子の手の振りや動きは、土俵入りのときの不知火型を取り入れて作ったそうです。

スポンサードリンク

まとめ

出典:https://news.mynavi.jp

337拍子は、学生発信だったんですね。

驚きです。

チコちゃんのカラオケでの18番は「オジャパメン」だそうです。

勉強になります。

次回も楽しみです。

スポンサードリンク

見逃した方はU-NEXTでも視聴できます。

朝ドラや大河ドラマなどNHK作品視聴ならU-NEXT!

安心の初回1ヶ月無料!⇊



まずはこのアイコン↑をクリック!

本ページの情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする