趣味どき カラオケマスター第7回グルーブ感を生む歌い方 NHKEテレ

2017年12月スタートの趣味どき火曜日は、カラオケマスター。1月23日放送の第7回は「グルーブ感を生む歌い方」と題して音楽プロデューサー鈴木康志さん、山崎育三郎さん、加藤いづみさんにグルーブ感を生む歌い方を学びます。

クリック⇒第1回自分に合ったキーを見つける
クリック⇒第2回出発点は“息”
クリック⇒第3回吸う息でリズムを作る
クリック⇒第4回歌詞とメロディーの深い関係
クリック⇒第5回正しい音程でカラオケ高得点
クリック⇒第6回感情表現は語尾にあり

クリック⇒第8回メリハリをつける上級テクニック

スポンサーリンク

趣味どき カラオケマスター第7回グルーブ感を生む歌い方

放送日:2018年1月23日(火)

放送時間:夜9:30~9:55 NHKEテレ

再放送:2018年1月24日(水) 午前10:15~10:40 NHK総合

再放送:2018年1月30日(火) 午前11:30~11:55 NHKEテレ

出演者

ゲスト

磯野貴理子

永瀬匡

講師

音楽プロデューサー鈴木康志

音楽プロデューサーで様々なアーティストに楽曲を提供する傍ら、ボーカルスクールを主催し多くの歌手を育てている

山崎育三郎

加藤いづみ

番組内容

単に機械で高得点を取るだけでなく、聞いている人の心をふるわせ、もっと聞きたい!と思わせる歌をめざす。それは意外と多くの人が知らない細かいテクニックの積み重ね。今回はグルーブ感を生む歌い方。英語の歌詞はリズムそのもの。歌いこなすとグルーブが生まれる。慣れてくれば日本語の歌詞でも同じようにグルーブを生むことができる。

スポンサーリンク

課題曲

白い恋人達

タマシイレボリューション

グルーブ感を生む歌い方

グルーブとは?

ノリの良い気持ちいリズム!

グルーブ(Groove)は、もともと英語で「溝」という意味で

名演奏ジャズやリズムという意味も含んでいて 日本では音楽の乗りのことを指す言葉として定着しています

今回の課題曲、タマシイレボリューションは歌い出しが英語でサビはじまりでグルーブ感をだしやすい歌です

英語の歌詞はグルーブ感を生みやすい

英語の歌詞はリズムが重要!

グルーブ感を磨くスペシャルトレーニング

  • 言葉の歌い出しの前に 小さく「あ」とか「ん」を入れる
  • 息継ぎ 歌い出すタイミングはそのままにする

この方法でリズム感を磨くグルーブ感を感じさせる歌い方ができるようになります

クリック⇒第1回自分に合ったキーを見つける
クリック⇒第2回出発点は“息”
クリック⇒第3回吸う息でリズムを作る
クリック⇒第4回歌詞とメロディーの深い関係
クリック⇒第5回正しい音程でカラオケ高得点
クリック⇒第6回感情表現は語尾にあり

クリック⇒第8回メリハリをつける上級テクニック

プロのボイストレーニングがマウスピースで実現「ビューティーボイストレーナー」

趣味どき カラオケマスターテキスト

⇊⇊詳しくはテキストに載っています⇊⇊

スポンサーリンク

鈴木康志さん著書

趣味どき おすすめシリーズ

クリック⇒美筋ボディーメソッドシリーズ

クリック⇒わたしの夜時間シリーズ

クリック⇒カレーの世界シリーズ

クリック⇒柔軟講座シリーズ

クリック⇒カラダ喜ぶベジらいふシリーズ

クリック⇒今どきっ!ゴルフシリーズ

クリック⇒家で楽しむ私のカフェスタイルシリーズ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする