大後寿々花 わろてんか安達都役で出演!子役時代と現在の画像まとめ

NHK「わろてんか」のドラマの中で、藤吉とてんが経営する北村笑店で新しい演目を取り入れることになります。その中に登場する安達都を演じるのが、子役でも活躍していた大後寿々花さんです。

今回わろてんかでどのような役を演じるのでしょうか。さらに、子役時代と現在についても調べてみました。

スポンサーリンク

元子役 大後寿々花プロフィール

出典:alpha-agency.com

大後寿々花(おおごすずか)さんは、1993年8月生まれ神奈川県出身の24歳です。

劇団ひまわりに所属し、2000年11月、7歳で子役として明治座秋の演劇「国取物語」でデビュー。

2001年日本テレビ「歓迎!ダンジキ御一行様」ドラマ初出演。2002年には、フジテレビ「人にやさしく」日本テレビ「ごくせん」などにも出演。2005年には、映画「SAYURI」に章子怡(チャン・ツィイー)が演じるヒロインの子役時代を演じ、11歳でハリウッドデビューしています。出演のきっかけは、映画「北の零年」で共演した渡辺健さんの推薦だったそうです。

出典:news-diary1.com

2006年12月、13歳で劇団ひまわりを退団しCATAMARANに移籍、2013年2月アルファーエージェンシーに移籍、子役を経て女優として活動。ドラマ・映画CM・PV・その他テレビ番組などに出演し活躍中です。

高校卒業後、慶應義塾大学環境情報学部に入学、2016年に卒業という経歴を持っています。

スポンサーリンク

わろてんかに安達都役で出演!役どころは?

大後寿々花さんは、わろてんかで安達都役で出演しています。藤吉とてんが経営する北村笑店で新しい演目として安来節を取り入れことにします。

安来節の踊り子のオーディションを行ない、その中で選ばれた女性たちで「安来節乙女組」を結成し猛特訓を積んでいくのです。「安来節乙女組」のメンバー中で、踊りが一番うまく問い吉やてんから期待されるのが、大後寿々花さん演じる安達都ということになります。

安達都を中心に、北村笑店の主力となっていく「安来節乙女組」がどのように成長していくのか、また、北村笑店や風鳥亭がどのようになっていくのか楽しみです。

現在は?

子役として様々な作品に出演していた大後寿々花さん。現在も女優として活躍されています。

2017年10月から放送されていた、フジテレビドラマ「刑事ゆがみ」で倉間藍子役で大後寿々花さんが出演していました。痴漢被害者の女子大生の友達役でキーマンとなる役でした。

このドラマには、神木龍之介さんが出演されていました。神木龍之介さんと大後寿々花さんは、2012年映画「桐島、部活やめるってよ」でも共演されていました。

子役から活躍していた2人の再共演に、懐かしい二人の競演に注目が集まったようです。

大後寿々花さんは2016年大学卒業後、2017年のドラマ出演作品は、嫌われる勇気・刑事ゆがみ・世にも奇妙な物語・今からあなたを脅迫します・BS時代劇赤ひげなど多くの作品に出演し活躍されています。

スポンサーリンク

まとめ

大後寿々花さんは、わろてんか安達都役で出演されています。子役として活動しハリウッドデビューし、日本映画批評家大賞新人賞を受賞するほどの実力派。

大学も卒業したということで、今後は女優として活躍してくれるのではないでしょうか。

大後寿々花さんが、わろてんかではどのような演技を見せてくれるのか楽しみにしたいと思います。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする