波岡一喜わろてんかに出演で演技がすごいと話題!火花でブレイク!結婚して子供もいる?

出典:ameblo.jp/namioka-kazuki

わろてんかで天才落語家・月の井団吾を演じている俳優の波岡一喜さんの演技がすごいと話題になっています。ドラマ「火花」に出演したことで俳優としてブレイクしています。プライベートでは結婚されていてお子さんもいるようです。そんな波岡一喜さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

波岡一喜プロフィール

1978年8月生まれ大阪府出身の波岡一喜さん。子供の頃は気が弱く、保育園でいじめられ登校拒否に。小学校にあがるまでは幼稚園など通わなかったというエピソードの持ち主。

高校は大阪府立高津高等学校を卒業、早稲田大学政治経済学部に入学し卒業しています。特技はバスケットボール・殺陣・キックボクシング・ダーツ・ビリヤード。

2004年テレビドラマ「プライド」に初出演。2005年公開の映画「パッチギ!」やドラマ「ごくせん」などにも出演しています。

その他NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」「ごちそうさん」などたくさんのドラマ・映画・舞台・CMに俳優として出演されています。

2006年波岡一喜さん本人のブログで一般女性と結婚・2007年第一子が誕生、父親になったことを報告しています。

わろてんか団吾で話題に!火花での演技もすごい!

第153回芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピース又吉直樹さんの小説「火花」も基に、Netfixオリジナルドラマ「火花」がNHKで再編集版として放送されました。

波岡一喜さんは、俳優の林遣都さん演じる売れない若手芸人徳永があこがれる先輩芸人神谷を演じていました。

関西弁の強面を演じることが多い波岡さん。ドラマの中で演じた神谷、関西弁でまくしたて思ったことを口に出す、笑いに関しては自分の感性を信じ曲げない。どこに地雷があるのかわからないので、いつキレられてしまうのかという緊張感を与える男性です。

波岡さんは、天才漫才師を演じながら微妙なダメさ加減を出すという難しい役を演じていることから、演技がすごいと注目を集めました。


現在、NHK連続テレビ小説「わろてんか」で、天才落語家月の井団吾を演じています。

この役も、夜は飲んで騒いでどんちゃん騒ぎをしていますが、昼間は人目に付かないよう落語の練習を積んでいる。さらには、ずっと一人の女性のことを思っている優しい一面を持っている男性を演じています。

このように、人の二面性をしっかりと演じ分けている波岡一喜さんが話題になっているのです。

スポンサーリンク

結婚していて3児のパパ!

波岡一喜さんは、自身のブログで2006年11月11日に一般女性と結婚、2007年第一子である女の子が誕生し父親になったことを報告しています。その後、20010年6月に第2子の男の子、20016年に第3子の女の子が誕生し3児のパパです。

幼稚園の送迎や遠足や運動会などに参加する育メンパパですが、家事は一切ダメで奥さんが実家に帰省し1人の時は、洗濯機の使い方も分からず電話をして聞いたほど。

長男が戦隊シリーズや仮面ライダーなどを見るようになり、波岡さん自身が俳優として活躍している姿を見せたいという思いからマネージャーに出演を打診してもらったことで実現したそうです。

まとめ

波岡一喜さんは現在わろてんかに出演中で、天才落語家・月の井団吾を演じています。ドラマ「火花」に出演じた事もあり演技がすごいと話題になり、注目を集めている俳優さんです。

プライベートでは、結婚されていてお子さんが3人いるお父さん。俳優をしているかカッコイイパパの姿をお子さんに見てもらいたいようです。

これからも、波岡一喜さんがどのような演技を見せてくれるのか楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする