陸王5話感想ネタバレ 山崎賢人の演技が好評!こはぜ屋VSアトランティス!

TBS日曜劇場「陸王」第5話が11月19日、30分拡大SPで放送されました。前回は、シューフィッターの村野(市川右團次)が陸王チームに加わり、茂木(竹内涼真)がこはぜ屋にサポートを依頼することになりました。アトランティスの動きも気になる第5話について、あらすじや感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

陸王5話あらすじネタバレ

陸王を履くようになった茂木ですが、アッパー素材が良くないと話し、宮沢(役所広司)は改善を約束します。そのためには繊維関係の会社の協力が必要で、銀行員の坂本(風間俊介)は、以前に繊維関係の会社を担当していたという大橋(馬場徹)に紹介してもらうことを提案します。

しかし陸王の開発費はかさみ、悩んだ宮沢は逆転の発想で、陸王に使用しているシルクレイを使う地下足袋を開発します。足軽大将と名付けられたこの地下足袋は大ヒットし、陸王開発も継続できるようになりました。

銀行では大橋も足軽大将の売り上げを評価し、運転資金の稟議に前向きです。

そんな中、こはぜ屋ではベテランの冨久子(庄司照枝)が倒れ、美咲(吉谷彩子)が代わりを務めることになります。

さらに、シルクレイ製造機にエラーが発生し、大地(山崎賢人)は設計図を見せてほしいと言いますが、飯山(寺尾聡)は自分の魂だからと拒みます。しかし帰ろうとした飯山は2人組の男に暴行を受け、入院することになってしまいます。

茂木のサポートを取り返そうとするアトランティスの佐山(小藪千豊)は、茂木にランニングシューズ・RⅡの新型とこはぜ屋の信用調査報告書を渡し、いつ倒産してもおかしくない会社だと伝えます。

スポンサーリンク

シルクレイ製造機のエラーと格闘する大地のもとに、飯山から設計図が届きます。それを元に原因を解明した大地に飯山は、プライドを持てる仕事はとっくに見つけているだろうと説くのでした。

大地の努力によりシルクレイの製造は無事に再開し、大地は就職面接に向かいますが、亀裂の入ったシルクレイが見つかり、大地は面接を諦めてこはぜ屋に戻ります。

一方、ダイワ食品陸上部では、ニューイヤー駅伝に出場する7人の発表があり、茂木もメンバーに入ります。

銀行からの融資は2000万円の短期資金となり、大橋は力不足を詫びますが、同時にアッパー素材に使えそうな織物の会社を紹介します。そのオオハシラッセルという会社の社長・橘(木村祐一)は、うちはベンチャーだからと小口での発注を快く引き受けます。

宮沢と村野と大地の3人は茂木に、新しいアッパー素材で完成した4代目陸王を届けます。宮沢は茂木に、陸王を履かなくても仲間だと伝え、大地も、こはぜ屋は簡単にはつぶれないから信じて欲しいと訴えます。

群馬県でニューイヤー駅伝が開催され、茂木が走る6区のスタート地点にこはぜ屋の面々も集結します。RⅡを履いて現れた茂木に皆落胆しますが、選手控え室に入る直前、茂木は陸王に履き替えるのでした。

陸王4話感想

今回は、シルクレイ製造機のエラーをきっかけに、仕事のやりがいと責任感に目覚める山崎賢人さんの演技が素晴らしかったです。大地が面接を受けずにこはぜ屋に駆け戻ってきたシーンには、Little Glee Monster(リトグリ)の歌う劇中歌の「糸」が良く合っていたと思います。

ラストで茂木がRⅡから陸王に履き替えた時の、アトランティスの佐山を圧倒する宮沢の姿も圧巻でした。視聴者の望んでいた展開で、胸がスカッとしましたね!

スポンサーリンク

融資課長の大橋役、馬場徹さんとは?

馬場徹さん演じる融資課長の大橋も、実は誠実で熱い男と感じさせる役柄を、今回見事に演じていました。銀行員として厳しい目で数字をきちんと評価し、こはぜ屋の仕事ぶりを認め、力になろうとする姿勢は好感度が高かったです。

馬場徹さんは1998年生まれの29歳の俳優さんで、小学6年生で劇団ひまわりに所属、演出家のつかこうへいさんの舞台などで活躍し、2014年には同じ池井戸作品の「ルーズヴェルト・ゲーム」で地上波連続ドラマに初出演しています。

若手実力派俳優と言える馬場徹さん、これからの演技から目が離せませんね!

まとめ

次回の第6話は、陸王のデビュー戦となるニューイヤー駅伝の行方に大注目です。茂木はどんな走りを見せるのでしょうか?アトランティスの逆襲もありそうです。

次回は11月26日(日)、放送を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする