わろてんか てんの妹・りん役の子役は誰?中川江奈が可愛い!

NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、京都の薬問屋「藤岡屋」が舞台となり長女の藤岡てんを中心にストーリーが進んでいきます。てんの幼少期時代の妹・りん役の子役が可愛いと話題になっています。てんの妹りんの子供時代を演じたのは中川江奈ちゃんです。

スポンサーリンク

てんの妹・りん役は中川江奈(子役)

幼少期時代のてんは、新井美羽さんが演じています。様々なドラマやNHKの作品にも出演されていて見かけたことのある人も多いでしょう。

新井美羽さんが演じていたてんの妹・りん役の子役が可愛い、誰なのかと気になっている人も多いようです。

幼少期時代の妹・りんを演じたのは中川江奈さんです。

NHK連続テレビ小説「朝が来た」で千代の幼少期を、「マッサン」では久美の娘役として出演していました。

まだ子役ということで、幼くて見落としていることがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

中川江奈プロフィール

中川江奈さんは、2009年(平成21年)11月生まれ、現在7歳の小学2年生です。アイランドプロモーションという事務所に所属しています。

出演ドラマは、NHKやその他の局のドラマや、映画では「信長コンチェルト」江役、「見えない繋がり」藤峰舞役で出演されていました。

その他再現ドラマ・動画・スチール・広告・イベントなどたくさんのものに出演されています。

カメラのきたむらが運営する「スタジオマリオ」には、中川江奈ブランドがあるようです。

CMでは、「ザ・ミリカシティ」「日清・タイガースキャンペーン」「近畿ろうきん」「J:COM」「アート引越しセンター」「手ピカジェル」「ヒガシマルうどん」「三井ホーム」「ACジャパン」「タカラスタンダード」など出演されています。

CM「明治・ヤンヤンつけぼー」では、もじゃもじゃ頭(おばさんパーマ?)でイメージキャラクターのパンダ模様のセーターを着たキュートな中川江奈さんを見る事ができます。

子役ということで出身や学校など、細かい情報までは公開されていないようです。

出演ドラマは?

NHKドラマ10「コピーフェイス」朝倉由麻役

麻倉クリニックの理事、朝倉柊二(佐藤隆太)の娘役です。

NHK「朝が来た」白岡千代役(あさの長女の幼少期)、NHK「マッサン」恭子役

NHK-BS「伝七捕物帳」美代役、「伝七捕り物帳2」お梅役

NHKのドラマ(BSも含め)5作品に出演、今回6作品目となります。

その他のテレビ局では、2013年フジテレビ「女信長」御市役(長澤まさみ演じる御市の幼少期)がデビュー作になります。

TBS「タペストリー殺人事件」少女役、テレビ朝日「京都人情捜査ファイル」智美役としていくつかのドラマに出演しています。ちょっとした役で出演しているということもあるようです。

現在は、小学生であることから重要な役の幼少期であったり、誰かのお子さんの役という設定で演じることが多いようです。

今後、人気子役になり注目される役を演じる可能性もありますね!

スポンサーリンク

まとめ

NHKのドラマに多く出演されその他のドラマや映画など様々な活動をされている、中川江奈さん。

小さいお子さんをお持ちのお母さんたちは、「スタジオマリオ」の中川江奈ブランドといえば知っている人も多いでしょうし、うちの子もあのこのようにしたいと思う人もたくさんいるのではないでしょうか。

中川江奈さんがこれからどのような役を演じてくれるのか楽しみです。

さらに成長し、女優さんとして活動を続けてくれるのであれば、どのような女優さんになっていくのか楽しみになってきます。

NHK「わろてんか」では、姉のてんとは違い控え目で、てんのことが大好きな妹のりんを演じている中川江奈さん。ドラマは始まったばかりですが、どのような展開になっていくのか期待しながら見ていきたいと思います。

成人したりんをどのような女優さんがが演じてくれるのか楽しみです。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする