趣味どき カラダ喜ぶベジらいふ第7回青菜らいふ ほうれん草のレシピ

2017年8月スタートの趣味どき水曜日はカラダ喜ぶベジらいふ。9月13日放送の第7回は「青菜らいふ ほうれん草・小松菜」。今回は、ほうれん草の栄養を最大限取り入れる簡単料理を紹介します。シャッキリ炒める秘密とは!?

クリック⇒小松菜のレシピはこちら

クリック⇒第1回色らいふ(1)トマト・なす
クリック⇒第1回色らいふ(1)なすのレシピ
クリック⇒第2回色らいふ(2)にんじん・かぼちゃ
クリック⇒第2回色らいふ(2)かぼちゃのレシピ
クリック⇒第3回苦味らいふ ピーマン・ゴーヤー
クリック⇒第3回苦味らいふ ゴーヤーレシピ
クリック⇒第4回ネバネバらいふ オクラ・長いも
クリック⇒第4回ネバネバらいふ 長いものレシピ
クリック⇒第5回においらいふ にんにくのレシピ
クリック⇒第5回においらいふ たまねぎのレシピ
クリック⇒第6回香りらいふ 青じそのレシピ
クリック⇒第6回香りらいふ 青じそのレシピ
クリック⇒第6回香りらいふ バジルのレシピ

スポンサーリンク

カラダ喜ぶベジらいふ第7回青菜らいふ ほうれん草 基本情報

放送日:2017年9月13日(水)

放送時間:夜9:30~9:55 NHKEテレ

再放送:2017年9月14日(木) 午前10:15~10:40 NHK総合

再放送:2017年9月20日(水) 午前11:30~11:55 NHKEテレ

出演者

  • ゲスト:小倉優子/福田萌
  • 講師:医学博士・管理栄養士…本多京子
  • 司会:天野ひろゆき
  • 語り:安井絵里

番組内容

誰もが健康に良いから食べなきゃなあと思っている野菜。でも、どうしたら栄養を効率的に取りつつおいしく食べられるかご存じですか?番組では野菜を知り尽くした生産農家の得意料理や、一流シェフのこだわり料理を取材、さらにそれをヒントに、スタジオの料理研究家が「栄養を最大限取り入れる」簡単料理を紹介する。今回はほうれんそう、小松菜。中国料理店が家庭でもできるとオススメするシャッキリ青菜炒めの秘密など。

スポンサーリンク

青菜らいふ ほうれん草

栄養素

βカロテン、鉄分、葉酸が多い 女性に必要な栄養素がたくさん含まれています

旬は冬で、夏のほうれん草と冬のほうれん草を比べると 冬のほうれん草は夏の3倍ビタミンCが増えるそう。

ほうれん草は、小松菜と違いシュウ酸というあくがあるので あくを抜いて上手に食べる料理法が必要です

ポイントは素早く!

水溶性のビタミンやミネラルは水に溶けるので 茹で時間が長くなると 栄養素が半分くらいに減ってしまうので素早く料理しましょう

油との相性がいいです

本多京子先生流 ほうれん草のバターしゃぶしゃぶのレシピ

材料(2人分)

  • ほうれん草  1/2わ(150g)
  • ポン酢しょうゆ  適量
  • バター(冷たいもの)  2かけ(20g)
  • 豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)  200g

作り方

  1. ほうれん草はよく洗い 半分くらいにカットします
  2. 小皿にポン酢と冷たいバターを入れます
  3. 鍋にお湯を沸かし ほうれん草を湯にくぐらせて ほうれん草の端にバターをつけてちょっと溶かして食べます
  4. ほうれん草が食べ終わったら あくが出ているのでお湯を取り替えて豚肉のしゃぶしゃぶにします

趣味どき カラダ喜ぶベジらいふ テキスト

⇊⇊詳しくはテキストに載っています⇊⇊

本多 京子さん著書

スポンサーリンク

趣味どき おすすめシリーズ

クリック⇒美筋ボディーメソッドシリーズ

クリック⇒わたしの夜時間シリーズ

クリック⇒カレーの世界シリーズ

クリック⇒柔軟講座シリーズ

クリック⇒カラダ喜ぶベジらいふシリーズ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする