趣味どき カラダ喜ぶベジらいふ第5回においらいふ にんにくのレシピ

2017年8月スタートの趣味どき水曜日はカラダ喜ぶベジらいふ。8月30日放送の第5回は「においらいふ にんにく・たまねぎ」。今回はにんにくの栄養素、紹介されたにんにくレシピをまとめました。にんにくの効果的な料理法・レシピは?

クリック⇒たまねぎのレシピはコチラ

クリック⇒第1回色らいふ(1)トマト・なす
クリック⇒第1回色らいふ(1)なすのレシピ
クリック⇒第2回色らいふ(2)にんじん・かぼちゃ
クリック⇒第2回色らいふ(2)かぼちゃのレシピ
クリック⇒第3回苦味らいふ ピーマン・ゴーヤー
クリック⇒第3回苦味らいふ ゴーヤーレシピ
クリック⇒第4回ネバネバらいふ オクラ・長いも
クリック⇒第4回ネバネバらいふ 長いものレシピ

スポンサーリンク

においらいふ にんにく・たまねぎ基本情報

放送日:2017年8月30日(水)

放送時間:夜9:30~9:55 NHKEテレ

再放送:2017年8月31日(木) 午前10:15~10:40 NHK総合

再放送:2017年9月6日(水) 午前11:30~11:55 NHKEテレ

出演者

  • ゲスト:井上和香/立石諒(ロンドンオリンピック200m平泳ぎ 銅メダリスト)
  • 講師:医学博士・管理栄養士…本多京子
  • 司会:天野ひろゆき
  • 語り:安井絵里

番組内容

誰もが健康に良いから食べなきゃなあと思っている野菜。でも、どうしたら栄養を効率的に取りつつおいしく食べられるかご存じですか?番組では野菜を知り尽くした生産農家の得意料理や、一流シェフのこだわり料理を取材、さらにそれをヒントに、スタジオの料理研究家が「栄養を最大限取り入れる」簡単料理を紹介する。今回はにんにくとたまねぎ。どちらにも共通して含まれるカラダに嬉しい成分「アリシン」を最大限活かす方法は?

スポンサーリンク

においらいふ にんにく

にんにくとたまねぎのにおいには アリシンが含まれています

もともとアリインという成分が入っていて それを切り刻んだりして空気に触れると アリシンというにおいのある 抗酸化作用やビタミンB1節約作用がある成分に変化する

アリシン

抗酸化作用・血栓の予防

ビタミンB1の利用を高める(疲労回復)

ビタミンB1の多い豚肉と合わせて食べると アリシンと結合し体内にとどまりやすくなる

アリシンが空気に触れたり お酢に漬けたり油に漬けたりして 更ににんにくを熟成することによってアリル化合物のいろいろなものがでてくるそうです

油に漬けたりするとアホエンという成分がでてくる

アホエン

抗酸化作用 コレステロール上昇抑制作用 血小板凝固抑制作用

ただし、生で食べ過ぎたりすると 赤血球の膜を溶かして貧血を招くこともあるので 生にんにくは1日1片。加熱した場合でも1日2~3片を目安に食べましょう

神保佳永シェフのボンゴレスパゲッティーのレシピ

材料(2人分)

  • にんにく  2かけ
  • エクストラヴァージンオリーブ油  大さじ2
  • スパゲッティ  160g
  • 赤とうがらし  1本(種を取る)
  • イタリアンパセリ  少々(粗く刻む)
  • あさり  200g
  • 白ワイン  大さじ2
  • 塩・こしょう  各少々

スポンサーリンク

作り方

  1. にんにくは潰してからみじん切りにし オリーブ油に一晩漬けて 香りを移します
  2. スパゲッティは アルデンテに茹でます
  3. にんにくは冷たいフライパンから炒め始めます にんにくをゆっくり香ばしくオリーブ油に香りを移します
  4. イタリアンパセリ あさり 白ワイン スパゲッティの茹で汁 を加えます
  5. あさりの口が開いたら スパゲッティをからめ 塩こしょうで味を整えて完成

本多京子先生より

にんにくを潰して更にみじん切りにし油に漬けているのでにんにくパワーが最大限になっていてとても良いそうです

本多京子先生流 薄切り豚のガーリックパン粉焼きのレシピ

フライパンを使わないで調理できます!

材料(2人分)

  • 豚ロース薄切り肉  1パック(180g)
  • パン粉(ドライ)  カップ1/2(15g)
  • にんにく(みじん切り)  大1かけ分
  • パセリ(みじん切り)  1枝分(5g)
  • オリーブ油  大さじ2
  • 塩・こしょう  各少々

◆付け合せ

  • ししとうがらし  6本(30g)
  • ミニトマト  4個(40g)
  • レモン(くし形切り)  2切れ

作り方

  1. にんにくは潰してみじん切りにし オリーブ油に浸します
  2. ししとうがらしはヘタを取り切り目をいれ ミニトマトは半分に切ります
  3. 1をパン粉、パセリと混ぜ しっとりさせます
  4. トースターの受け皿にオーブン用の紙を敷き 肉をパックからだし そのままの形で受け皿にのせます
  5. 塩こしょうし 3を肉の上に均一になるようにのせ まわりにししとうがらしとミニトマトを並べます
  6. オーブントースターで7~8分加熱します
  7. 更に盛りレモンを添えて完成

クリック⇒たまねぎのレシピはコチラ

クリック⇒第1回色らいふ(1)トマト・なす
クリック⇒第1回色らいふ(1)なすのレシピ
クリック⇒第2回色らいふ(2)にんじん・かぼちゃ
クリック⇒第2回色らいふ(2)かぼちゃのレシピ
クリック⇒第3回苦味らいふ ピーマン・ゴーヤー
クリック⇒第3回苦味らいふ ゴーヤーレシピ
クリック⇒第4回ネバネバらいふ オクラ・長いも
クリック⇒第4回ネバネバらいふ 長いものレシピ

趣味どき カラダ喜ぶベジらいふ テキスト

⇊⇊詳しくはテキストに載っています⇊⇊

本多 京子さん著書

趣味どき おすすめシリーズ

クリック⇒美筋ボディーメソッドシリーズ

クリック⇒わたしの夜時間シリーズ

クリック⇒カレーの世界シリーズ

クリック⇒柔軟講座シリーズ

クリック⇒カラダ喜ぶベジらいふシリーズ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする