趣味どき カラダ喜ぶベジらいふ第4回ネバネバらいふ 長いものレシピ

趣味どき・水曜日はカラダ喜ぶベジらいふ。8月23日放送の第4回目は、「ネバネバらいふ オクラ・長いも」です。今回は、カラダ喜ぶベジらいふで紹介された長芋の栄養素、レシピをまとめたので紹介します。

オクラのレシピはコチラ⇒第4回ネバネバらいふ オクラ

クリック⇒第1回色らいふ(1)トマト・なす
クリック⇒第1回色らいふ(1)なすのレシピ
クリック⇒第2回色らいふ(2)にんじん・かぼちゃ
クリック⇒第2回色らいふ(2)かぼちゃのレシピ
クリック⇒第3回苦味らいふ ピーマン・ゴーヤー
クリック⇒第3回苦味らいふ ゴーヤーレシピ

スポンサーリンク

ネバネバらいふ 長いも

長いものネバネバ成分

長いものネバネバ成分は、等が長く繋がった多糖類にタンパク質がついたもの

長いもの栄養素

消化吸収がゆっくりになったり 血糖値やコレステロールを包み込んで外に出す効果。更にでんぷんを消化するアミラーゼやジアスターゼという酵素が入っています

スポンサーリンク

宮永賢一シェフの長いものトロトロビシソワーズ風のレシピ

材料(4人分)

  • 長いも  200g
  • あさり(砂抜きする) 250g
  • 酒  カップ3/4
  • じゃがいも  170g
  • 玉ねぎ  120g
  • バター  10g
  • チキンブイヨン  5g
  • 青のり  適量

作り方

  1. あさりを酒蒸しにします(蒸し汁はとっておきます)
  2. 皮をむいて薄切りにした 玉ねぎとじゃがいもを炒め チキンブイヨンとあさりの蒸し汁を入れて 火が通ったらミキサーへ。
  3. ミキサーに長いもを加えて かくはんします
  4. 滑らかになったら 冷やします
  5. よく冷えたら器に盛りあさりのみを飾り完成

本多京子先生より

ミキサーで繊維を細かくするのでとろみ成分がより出て、吸収しやすい。更に酵素は加熱すると効果を失ってしまうので 長いもを加熱していないのも良い

宮永賢一シェフの長いもとたいの昆布締め

長いもは白身魚と一緒に昆布締めにするのもおすすめなんだそうです

本多京子先生流 たたき長いものもずく酢のレシピ

長いもに触らずに調理できるので、痒くなる人人もおすすめです

材料(2人分)

  • 長いも  100g
  • もずく  80~100g
  • だし  大さじ2
  • 酢  大さじ1
  • しょうゆ  小さじ1
  • 青じそ  1枚

作り方

  1. 長いもはペーパータオルの上で皮をむきます
  2. 皮をむいた長いもを ジップロックなどの袋に入れて めん棒などでたたいてつぶします
  3. もずくに だし、酢、しょうゆを加えて混ぜて器に盛り つぶした長いもをかけて青じそを散らして完成

感想

長いもは痒くなってしまうので苦手でしたが、ペーパータオルの上でむくのは試したいと思いました!夏にピッタリのメニューですね

スポンサーリンク

オクラのレシピはコチラ⇒第4回ネバネバらいふ オクラ

クリック⇒第1回色らいふ(1)トマト・なす
クリック⇒第1回色らいふ(1)なすのレシピ
クリック⇒第2回色らいふ(2)にんじん・かぼちゃ
クリック⇒第2回色らいふ(2)かぼちゃのレシピ
クリック⇒第3回苦味らいふ ピーマン・ゴーヤー
クリック⇒第3回苦味らいふ ゴーヤーレシピ

趣味どき カラダ喜ぶベジらいふ テキスト

⇊⇊詳しくはテキストに載っています⇊⇊

本多 京子さん著書

趣味どき おすすめシリーズ

クリック⇒美筋ボディーメソッドシリーズ

クリック⇒わたしの夜時間シリーズ

クリック⇒カレーの世界シリーズ

クリック⇒柔軟講座シリーズ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする