VS嵐 窪田正孝率いる僕たちがやりましたチームが出演【8月10日】

出典:twitter.com/bokuyari_ktv

2017年8月10日放送のVS嵐は、窪田正孝率いる僕たちがやりましたチームが出演!窪田正孝、永野芽郁、間宮祥太朗、葉山奨之、今野浩喜、岡崎紗絵、三浦翔平ら若手俳優人は嵐を倒せるのか?プラスワンゲストは博多華丸・大吉が登場。勝敗の行方は!?

スポンサーリンク

VS嵐 僕たちがやりましたチームが出演 基本情報

放送日:2017年8月10日(木)

放送時間:夜7:00~7:57 フジテレビ

演者

  • 嵐(大野智/櫻井翔/相葉雅紀/二宮和也/松本潤)
  • ゲスト:僕たちがやりましたチーム(窪田正孝/永野芽郁/間宮祥太朗/葉山奨之/今野浩喜/岡崎紗絵/三浦翔平)
  • プラスワンゲスト:博多華丸・大吉

番組内容

窪田正孝率いる若手俳優陣がミラクルプレイで嵐を追い詰める!永野芽郁の不思議な部活動!?相葉がライブでのハプニングを告白!三浦翔平、飲んだ松潤に苦情!?

スポンサーリンク

VS嵐 僕たちがやりましたチームが出演

オープニングトーク

今回嵐の衣装は青をベースとしたものでした。オープニングトークは5人で「寝苦しい夜の対処法」大野君は「クーラーをつけると風邪をひく」櫻井君は「空気を回してる。なんていうのサーキュレーター。自分で3年前に買った」とポーズを決めていました。

それを聞いた相葉君が「翔ちゃんのイメージは裸になってるね」それに対して桜井君が洋服を脱ぐまねをして仁王立ち。コンビネーションも良く仲が良いという印象でした。

対戦ゲスト ドラマ「僕たちがやりましたチーム」

この日の対戦ゲストは、ドラマ「僕たちがやりましたチーム」がおそろいのTシャツで登場。窪田正孝さん・永野芽郁さん・間宮祥太郎さん・葉山奨之さん・今野浩喜さん・岡崎紗絵さん・三浦翔平さんの7名。

ドラマの内容は、「僕ら高校生役で、爆弾犯になり逃亡劇。青春サスペンスコメディードラマ」だそうです。

プラスワンゲスト

プラスワンゲストとして、博多華丸・大吉さんが登場。歓声が上がり華丸さんが「僕たちが来ました」とコメントし笑いがおこします。さらに「一人だけジジイがいる」と今野さんを指をさすと、今野さんが「若手と言われるたびにゾワッとするんですよ」と笑いを取っていました。

スポンサーリンク

VS嵐 対戦ゲーム

バルーンシューティング

最初の対決はバルーンシューティング。対戦ゲストから挑戦です。

その中で、今回のテーマは「逃げ出したいと思ったこと」でした。「ちなみにどの4人が逃げるの」と聞かれ、窪田さん・間宮さん・葉山さん・今野さんが手を上げます。そこで大吉さんが「そうなるとあいつが犯人」と今野さんを指さし、犯人顔と言われてしまいました。

逃げ出したいと思ったことについては、窪田さんが真冬外で雨の中死体役をした時、本当に死ぬかと思うくらい寒かった時に、男性スタッフから後ろから抱きしめられた時。

三浦さんは、先輩たちと食事に行き「次の日早いので」と言ったら松本潤さんの目がすごく怖かった時。松本さんが「怖くないよ」とコメントしたことで「最後は優しかった」とフォローしていました。

永野さんは、満員電車で学校に通っていた時40分電車に閉じ込められ、一番近くにいた人に話しかけられ世間話をしていた時。

次に、二宮さんから前回「ナンスカ感が強い」と言われた間宮さん。寝坊して遅れて撮影に行った時、着ていたTシャツにGOOD NIGHTと書いてあった時、それぞれエピソードを紹介していました。

バルーンシューティングの結果はトータル160ポイント。窪田さんは「1個も当てていない最後当たったと思ったら扉が閉まった」間宮さんの矢も挟まった状態で終了していました。

次に嵐チームですが、プラスワンゲストの大吉さんがあまり理解してもらえない事があるということで「仕事柄グルメレポートをやるが食材によっては正解を出せないものがある。シラス丼・エビ・豆腐の3つ」だと言い、嵐のメンバーは「プロ中のプロ・あんまり考えていない・大抵うまいで終わってしまう」と言うと大吉さんが「博多華丸大吉がウマイで終わろうもんならデレクターが飛んできます」と笑わせていました。

嵐チームの結果は190ポイント。窪田さんが「一体感がすごい、衣装のブルー率が高いんで」と天然なコメントをすると「合わせてるんだよ。たまたまこうなったと思ってるの」と突っ込まれ、あわてて「で・ですね。そうだと思ってました」とコメントして同じチームメンバーからも笑われていました。

ボンバーストライカー

2番目のゲームは、ボンバーストライカーで対戦ゲストのリアル高校生は永野さんだけ。

撮影の時に永野さんが窪田さんにドロップキックをするシーンで首がおかしくなったというエピソードを紹介。

間宮さんが2回・窪田さんが1回パーフェクトを出し、トータル380ポイント。

嵐チームは、国立ライブのオープニングでクレーンが上がり風船が割れ登場すりと演出で,相葉さんがポーズを決めていたら地上だってと言うエピソードを紹介。

華丸さん櫻井さんが1回づつ、二宮さんが2回パーフェクトをだし、トータル410ポイントでした!

ピンボールランナー

3番目のゲームはピンボールランナー。対戦ゲストのランナーは永野芽衣さん。指令台が窪田さん・間宮さん・今野さん・葉山さんです。窪田さんが「翔ちゃんと同い年」と言うと「俺と?」櫻井さん、窪田さんが「違う違う違う。三浦くん」とあわてて答えていました。

永野さんは中学3年間陸上部に仮入部したいたとか、前回出演した時の早口言葉「炙りカルビ・炙りカルビ・炙りカルビ」が言えるようになったと挑戦していました。

大吉さんも負けないように「炙り明太子」で対抗しましたが、華丸さんから「明太子は生がいいです」と突っ込まれていました。

永野さんは200ポイントと高得点、指令台ではみんなで大声を出し指令していましたが途中から窪田さん毛マイク奪い取るという行動に。

嵐チームは、ランナーが櫻井さんで指令台は大野さん・華丸大吉さん。逃げ出したいと思ったことについて大野さんが、10年前タイで会見をする時1人で話すことになり、丸暗記していたが現地の人に聞いてもらうと間違っている部分があり、その言葉が「パやヤン(頑張ります)」だった。覚えられないと思っていたが上手く話していた。みんなから「うまくいった話」と突っ込まれ「5分前までは~」とあわてて答えていました。

櫻井さんは140ポイントでした。

クリフクライム

クリフクライムは窪田さんと三浦さんが挑戦。窪田さんが「ここに来ると吐き気がする」と言えば、三浦さんが「ちまたで有名なアクション俳優」と持ち上げます。窪田さんはフィリップを使わず登っていき400ポイントでした。

次に挑戦したのは、二宮さんと松本さん。窪田さんの登ったコースをまねしようとしていますが、天の声から「横から登ったら点数は無効」と言われましたが「窪田君ができるようにしてくれた」とコメント。すると「嵐はレギュラーなので無効とします」と言われてしまいました。二宮さんがお台場のあごの挑戦しましたが時間もあまりパフォーマンスでポーズをとり最後のボタンを押しました。こちらも同じく400ポイントでした。

「パフォーマンスはやるつもりはなかった」とニノらしいコメントです。

キッキングスナイパー

最後はキッキングスナイパー。両チームとも1170ポイントで同点です。

僕たちがありましたチームから挑戦。岡崎さんが「練習ではうまくいっていた」と言えば、葉山さんは「テレビで見てるとできそうだけど、できない」とコメント。

前回、窪田さんと三浦さんが「カノ嘘」で出演した時、1個も当たらず大野さんに後ろから「下手だな」と言われたそうです。

今回は、僕たちがやりましたチームは5回もパーフェクトを出し、800ポイントを取り合計1970ポイント。嵐チームは、全部パーフェクトが必要で赤を2つのコスト負けが決まるという状況です。嵐チームは、1回目櫻井さんがパーフェクトを出しますが2回目3回目と赤感を1個ずつ残してしまい負けが決定しました。

この瞬間、僕たちがやりましたチームはハイタッチ。嵐チームは無言となり、櫻井さんが「うーん番組終わろうか」と言いエンディングへ。

ドラマ、僕たちがやりましたチームは「一段と結束ができました」とコメント。現在ドラマの撮影も中盤のようなのでこれからも結束を固めドラマを作っていって欲しいと思います。嵐チームのプラスワンゲスト、華丸大吉さんは「何もしてない」とコメント。次回は強力な助っ人がきてくれることを楽しみにしたいと思います。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする