趣味どき カレーの世界 第5回 ホテルカレーの歴史 欧風ビーフカレーレシピ【7月4日】

2017年6月スタートの趣味どき カレーの世界 第5回は、「超絶技巧に迫る!歴史が刻まれたホテルカレー」。ホテルカレーの歴史に迫ります。水野式レシピでビーフカレー&オリジナルのカレー粉を作ります。欧風ビーフカレーレシピも

クリック⇒第1回 ジャパニーズカレーの秘密

クリック⇒第2回インドカレー 魅惑のスパイス技

クリック⇒第3回 2日目アレンジでカレーパンに挑戦

クリック⇒第4回 フレッシュスパイスでタイカレー

スポンサーリンク

趣味どき カレーの世界 第5回 基本情報

放送日:2017年7月4日(火)

放送時間:夜9:30~9:55 NHKEテレ

再放送:2017年7月6日(木) 午前10:15~10:40 NHK総合

再放送:2017年7月11日(火) 午前11:30~11:55 NHKEテレ

出演者

◆出演

料理研究家 水野仁輔

鈴木浩介

ラブリ

◆語り

秀島史香

番組内容

今回のテーマは「ホテルカレー」。カレー研究家の水野さんが向かったのは、140年の歴史をもつ名門ホテル。そのカレーを食べるために宿泊する客も多いという伝説のカレー作りの現場へ。そこには大正時代のレシピが!実はホテルカレーには文明開化とともに英国から伝来したカレーの歴史と技巧が凝縮しているのだ。後半では、オリジナルのカレー粉作りに挑戦。そして、水野式レシピでホテル風のまろやかなビーフカレーを作る。

スポンサーリンク

カレーの世界 ホテルカレーの歴史

ホテルカレー。そもそもカレーはイギリスから日本に伝わったんだとか。

インドじゃないんですね。

幕末から明治明治にかけて イギリス人から日本に伝わったといわれているそうです。

西洋料理通(明治5年/1872年)という当時の料理本に日本で初めてのカレーのレシピが載っているそうです!ここに載っているレシピは、カレー粉を使って牛肉や鶏肉などをりんごなどと煮込む料理法が書かれているそうです。

インドへ進出したイギリス人がカレーと出会い開発されたミックススパイス・カレー粉を開発。西洋の香り漂う憧れの料理として日本にカレーが伝わったんだとか。

西洋料理通と同じ年に出版された西洋料理指南のカレーのレシピには、玉ねぎではなくねぎが使われていたそうです。

このカレーが進化し続け、今のホテルカレーがあるんですね

水野式 カレー粉のレシピ

水野さん厳選のスパイスは…

ターメリック

レッドチリ

クミン

コリアンダー

ガラムマサラ

スパイスを混ぜ合わせることによって相乗効果が生まれる

ブレンドレシピ・作り方

ターメリック  小さじ1

レットチリ   小さじ1

まずは この2つをよく混ぜ合わせます

そこに

クミン     小さじ3

コリアンダー  小さじ3

ガラムマサラ  小さじ1/2

を プラス

これが 水野さんが長年研究した絶妙なブレンド!

スパイスのブレンドには 香り辛味バランスが大切です

このままでも楽しめるそうですが 少しフライパンで炒って 1週間ほど熟成させると 香りがよりまろやかになるそうです

水野式 家庭でできる ホテル風ビーフカレーのレシピ

材料

牛肉   500g

あめ色玉ねぎ 玉ねぎ 2個・サラダ油 大さじ2

塩    小さじ1/2

小麦粉  大さじ1

カレー粉 大さじ2

チキンブイヨン カップ2

赤ワイン カップ1/2

ブルーベリージャム 小さじ2

ウスターソース 小さじ1

バター  20g(食塩不使用)

サラダ油・塩・コショウ 各少々

作り方

牛肉に塩コショウをふります

鍋で玉ねぎを炒め あめ色玉ねぎをつくります

小麦粉を入れます 粉っぽくならないように 小麦粉を練り込むように混ぜ合わせます

小麦粉がなじんできたら カレー粉を入れます

全体がなじんできたら コンソメスープを入れます

丁寧に火を入れながら 混ぜながら溶かしていくように 弱火でじっくり煮込みます

煮込んでいる間に 牛肉をフライパンで焼きます 強めの火加減で肉の表面全体にしっかり焼き色を付けます

フライパンに赤ワインを入れ うま味をアップ

これを赤ワインごと鍋に入れます

隠し味のウスターソース・ブルーベリーを入れます

弱火で1時間煮込みます

仕上げにバターを入れコクを出します

趣味どき カレーの世界 テキスト

⇊⇊詳しくはテキストに載っています⇊⇊

スポンサーリンク

趣味どき カレーの世界 おすすめ記事

クリック⇒第1回 ジャパニーズカレーの秘密

クリック⇒第2回インドカレー 魅惑のスパイス技

クリック⇒第3回 2日目アレンジでカレーパンに挑戦

クリック⇒第4回 フレッシュスパイスでタイカレー

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする