その原因Xにあり 動脈硬化を防ぐ食材とは? 白い血って?【5月26日】

2017年5月26日放送のその原因Xにあり!では、血管力アップで突然死を防げ!SP!を放送します。メタボの人は注意要注意!突然死引き起こす白い血とは?動脈硬化を防ぐ食材って?10日食べて驚きの効果が!

スポンサーリンク

その原因Xにあり 【5月26日】基本情報

放送日:2017年5月26日(金)

放送時間:夜7:00~7:57 フジテレビ

出演者

■MC

恵俊彰

■アシスタント

宮澤智(フジテレビアナウンサー)

■スタジオゲスト

キムラ緑子/羽田美智子/ホラン千秋/中村玉緒

■専門家

池谷敏郎/奥野祐次

番組内容

血管力アップで突然死を防げ!SP!“血管力”を鍛えて、健康で長生きする秘けつを探る。血管の名医が、スタジオでその秘けつを徹底解説します。  ▽心筋梗塞や脳梗塞など血管の病気で亡くなる日本人は、およそ4人に1人!  ▽パパイヤ鈴木、松崎しげる、岡まゆみら血管に不安を感じている芸能人3人が血管&血液を徹底検査!  ▽パパイヤの命を脅かすトンデモナイ血!血液改善に効くマル秘食材○○ファーストとは!?

スポンサーリンク

その原因Xにあり 血管事故

血液の病気を徹底調査!

血管の病気で亡くなる人はなんと4人に1人、年間およそ31万人なんだそうです。驚きの数字ですね。血管力を鍛えて突然死を防ぎましょう!

その原因Xにあり 血管力をアップさせる最強の食材

血管力をアップさせる最強の食材はお刺身!

なんと養殖マグロ!

天然より養殖のほうが血管に良いそうです。これは意外ですね!

マグロの中には血管を強くするEPAという脂が大量に含まれていて天然マグロよりも養殖マグロのほうが含まれるEPAの量が豊富なんだそう。

EPAとは魚の脂に含まれる脂肪酸でサバやアジなど青魚に豊富といわれていますが、実は養殖マグロのほうが多くEPAが含まれているそう!養殖の赤身は天然マグロの中トロ・大トロレベルのAPAが含まれているそう!

EPAは、血管の中の傷を治してくれる血管の名医!

傷ついた血管の炎症を抑えてプラークを傷つきにくい状態にパワーアップさせてくれる効果があるそう。ちなみにDHAにも同様の効果があります。

実際にEPAを摂取することで心筋梗塞のリスクが3分の1軽減できることもわかっているそうです。

その原因Xにあり 効果的な食べ方は?

焼くと脂が20%くらい落ちてしまうので生で食べるのが最適なんだそうです。

番組では、岡まゆみさんと松崎しげるさんが検証実験を行いました。

ビール350ml or 日本酒2合までならお酒もOKでした。

養殖鮪の赤身6切れを1日1食10日間生で食べたところ、血管内皮機能が改善。正常値は6.0以上のところ、岡まゆみさんは 6.0⇒10.7にアップ!

松崎しげるさんは、正常値の半分以下の2.7が4.4までアップしました。

その原因Xにあり 白い血とは

正常の血液は分離すると赤血球の赤い部分と血しょう成分の成分の透明に別れるが血漿成分が白く濁る血があるそう。
それが突然死を招く白い血の原因レムナント
レムナントは悪玉コレステロール以上に血管内皮の膜を壊して壁の中に侵入
プラークを大きくするやがて心筋梗塞を起こす原因になるそう

レムナントが血液に中に停滞する人は中性脂肪が多い

中性脂肪値が高い メタボの人なら誰でも起こりうるそうなので注意が必要ですね。中性脂肪値が150を超える人は疑ったほうがいいそうです。

その原因Xにあり 白い血を改善するスーパー食材

食事のとりかたを改善!

大豆ファーストで白い血を改善

食事の最初に大豆を食べて白い血を改善

大豆は、食物繊維が豊富で腸内の余計な糖や脂肪を排出してくれるそう!さらに、大豆のタンパク質は消化に時間がかかるので糖と脂肪の吸収を緩やかにしてくれる効果もあるそう。

糖と脂肪の急激な吸収をブロック!血液中のレムナントが減り血液が改善が期待できるそうです。

スポンサーリンク

大豆ファーストのやり方

糖質を減らすため ご飯の量を半分にする

半分にした分の大豆を最小に食べる

1日1回行う

おすすめは蒸し大豆

大豆に含まれる水溶性食物繊維は、煮たり調理すると出てしまうので蒸し大豆がおすすめなんだそうです。

納豆や豆乳、えだまめでもOKだそうです。

その原因Xにあり 【5月26日】まとめ

なんにしても規則正しい生活習慣が大切ですが、マグロと大豆を食べていれば間違いなさそう!我が家ではほぼ毎日納豆を食べています。適度ならお酒もOKなところもいいですね。なんだかおつまみっぽいメニューだったような気も(笑)

楽しく、健康を心がけたいですね!

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする